vendredi 4 janvier 2019

Proverbe-ことわざ 「今日できることを明日に延ばすな」


Apprendre le japonais -日本語を勉強する

Kanji – 明(ミン、あか-るい、あ-ける/ clair, joyeux, gai
Numéro 0140(Palier 1 : Cycle terminale (LV3))
--- 2ème  année de l’école primaire japonaise
Niveau JLPT – N4



ことわざ
「今日できることを明日に延ばすな」

(きょうできることを あすに のばすな)
(Kyô dekiru koto o asu ni nobasu na)

En anglais :
Never put off till tomorrow what you can do today.
En français :
Ne remets pas à demain ce que tu peux faire aujourd’hui.

今日(きょう) : aujourd’hui
明日(あした→あす formel →みょうにち plus formel : demain
できる② : pouvoir, savoir faire
こと : chose, fait
延ばす(のばす)① : remettre, retarder
Verbe en forme du dictionnaire + 
: ne fais pas ! (impératif négatif, forme prohibitive)


ことわざ

「恋は盲目(こいは もうもく)」

「女心と秋の空(おんなごころと あきのそら)」

「人の噂も七十五日(ひとのうわさも しちじゅうごにち)」

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(きくは いっときのはじ、きかぬは いっしょうのはじ)」

「二度あることは三度ある(にどあることは さんどある)」

「千里の道も一歩から(せんりのみちも いっぽから)」

「石の上にも三年(いしのうえにも さんねん)」

「百聞は一見に如かず(ひゃくぶんは いっけんに しかず)」

「十人十色(じゅうにんといろ)」

「一石二鳥(いっせきにちょう)」

「枯れ木も山の賑わい(かれきも やまのにぎわい)」

「火に油を注ぐ(ひに あぶらをそそぐ)」

「七転び八起き(ななころび やおき)」

「地震、雷、火事、親父(じしん、かみなり、かじ、おやじ)」



Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire

NOM にとって : pour NOM, du point de vue de NOM -2-

GRAMMAIRE-JLPT- N3 NOM にとって : pour NOM, du point de vue de NOM 猫(ねこ)  : chat 大切な(たいせつな)  : na-adj, important, précieux 家族(...